金融

給料から引かれてるものって何?

『手取りいくら??』

って言葉をよく使いますが、

振込額だけに目が行って、引かれた金額(控除額)には無関心な従業員が多い気がします。

『まぁ色々税金とか天引きされるんでしょ~??』

って思っていませんか?w

自分のお給料から勝手に(←勝手じゃないけど言葉悪いw)引かれているんですよ?w

ほとんどの人が給料から引かれている控除ですが、

意外と皆さん知らないんですよね~

うちの社員も分かっていなかったので、この控除について説明します。

控除をよく理解しておくことで

お金の知識のレベルアップに繋がること間違いナシ!

※うちの会社の給与控除ケースです。

結論から言うと大きく2つ

最初に結論から言うと、大きく2つ引かれます!

税金』『社会保険』です。

税金は以下があります。

  1. 所得税
  2. 住民税

一方、社会保険は以下の通りです。

  1. 健康保険
  2. 介護保険(40歳以上)
  3. 厚生年金
  4. 雇用保険

税金

1.所得税

所得税は『国税』です。

国の収入(歳入)の1つで、身近なところでいうと消費税も歳入の1つです。

主に国の社会保障関連費公共事業費などに使われています。

そしてまたの名を『源泉所得税』と言います。

本来所得税は従業員本人が支払うものですが、

『毎回税務署に支払うの大変でしょ?』

『会社で大体の金額を天引きしといてあげるよw』

この仕組みこそ『源泉徴収』です。

ただ実際に納めるべき所得税よりも支払いすぎている場合があります。

この差額を調整するのが、年末に行われる年末調整です。

『所得税ってどうやって決まるの?』

ざっくりとした公式があるとしたら、

(給料 – ①給与所得控除 – ②各種控除)=③課税所得

課税所得 × ④所得税の税率 = 所得税

です。

①給与所得控除は収入(によって控除の金額が変わっていきます。

また、④所得税の税率も③課税所得によって税率が変わってきます。

要は、『高収入な人ほどガッポリ所得税持ってかれる』ですw

じゃあ高収入な人以外はあまり所得税とか気にしなくていいのか?

というと、そうではありません。

②各種控除を上手く使いこなせば、③課税所得を抑えて節税になるんです。

巷で流行っているiDeCo(個人型確定拠出年金)がまさに②各種控除になります。

老後に備えた投資金額を全額控除できます。

iDeCoについては別の記事で詳しくお話しようと思います。

2.住民税

都道府県や市町村の行政サービスなどの資金に使われる『地方税』です。

住民税の計算方法は今回割愛しますが、

収入や住んでいる地域によって変わってきます。

社会保険

1.健康保険

病気の治療費などが安くなる、最強の医療保険です。

この最強の公的保険の強さは以下です。

・病気などの治療費が3割負担でOK

⇒みんなご存じ病院行っても治療費の3割負担制度です。

・傷病手当制度

⇒万が一働けない身体になっても給料の約6割が最長1年6ヵ月もらえる制度です。

・出産育児一時金制度

⇒子供を出産した場合42万円支給される制度です。

・高額療養費制度

⇒医療費が高額になってしまった場合でも、自己負担の上限を設ける制度です。

普通のサラリーマンであれば、100万円くらいの医療費が発生しても約8万円程度で済みます。

ハッキリ言ってこの公的医療保険は最強です!!

これらの仕組みを知って入れば、民間保険料との見直しにも役に立つと思います。

2.介護保険

介護が必要な人の為の保険です。

40歳以上の方には加入義務化され、そして一生払い続けなければなりません

定年迎えた後も年金からこの介護保険料が引かれます・・・。

毎月の保険料ですが、大体6,000円~9,000円だと思っておけばいいと思います。

しかし、この介護保険は3年スパンで見直しがされ、どんどん高くなっています。

40歳になって、「ん?手取り減ってない?」って思った人は介護保険料をチェックしてみましょう!

3.厚生年金

国が定めた公的年金制度です。

厳密には70歳まで払い続けなければいけませんが、

会社の定年が65歳などの人は、退職した時点で義務は終了です。

厚生年金保険料は会社と折半で払うことになっています。

金額的には、月給の約9.15%が天引きされます。

4.雇用保険

労働者が失業した場合、その人の生活の維持など使われる『失業保険』のための控除です。

保険料は月収の約0.3%くらいです。

まとめ

実際給料から引かれている控除には色々な役目があることが分かったと思います。

その中でも健康保険の凄さは覚えておきたいところです!

民間保険の「万が一に備える保険」っていうのを結構カバーしていると思いませんか?