戦術

敗戦には必ず原因がある

『ツイてないなぁ~』

『たまたまでしょ?』

負けてしまうと、どうしてもこんなことを思ってしまいますよね。

ハッキリ言って私も余裕でそう思うことがありますwww

セットなら牌譜を見返せませんが、天鳳ならそれが可能です!

皆さん牌譜を見返したことありますか?

しかもラス引いた時の牌譜です!

1半荘だけでもいいですので、見返してみて下さい。

そして本当に『ツカない』とか『たまたま』なのでしょうか。

たった1つの選択が敗戦を決めることもあります。

今回は、自分の都合の良い理由で打牌選択をしてしまった私の敗着を紹介しようと思います。

敗戦には必ず原因がある

東4局1本場 西家 23,700点 2着目

上家からドラ五萬:麻雀王国をチーして満貫聴牌の局面。

問題なのはドラを切ってきた3着目の上家の対応をどうするか。

一筒:麻雀王国対子落としなので対々和は除外され、染め手が濃厚です。

まだ字牌も索子も余っていないので、今の段階では『推し』の1手でいいと思います。

対面が切った三索:麻雀王国をチーして打發:麻雀王国。そして私は持ってきた五索赤:麻雀王国をツモ切りました。

私はここでこう思いました。『まだイケる!』と。確かに同じ選択をする人もいるでしょう。

でも大事なのは自分の選択を一度立ち止まって考えることだと思います。

今回に関しては、打四筒:麻雀王国とかで一旦回る手もあったのかなぁ~って考えていました。

五索赤:麻雀王国ポンされて、さらに四索:麻雀王国もプッシュ。

この時は『両面満貫聴牌ならゼンツよ!!』って思っていましたが、皆さんどうですか?

結果は横移動で上家が跳満あがりました。(ちなみに待ちは二索:麻雀王国五索:麻雀王国でしたw)

南1局0本場 南家 23,700点 3着目

7巡目にトップ目の対面からリーチを打たれた場面。

シレっと一筒:麻雀王国を切って現物待ちのダマにしました。←さてダマが本当に正解?

現物待ちなので、この瞬間はダマありかなぁ~って思ったんですけど、3900上がっても微妙でしたかね。

聴牌打牌が一筒:麻雀王国ではなく、危険牌とかならリーチでもよかったと思いますが、、、

今度は五萬赤:麻雀王国ツモって八萬:麻雀王国と振替ました。そしてダマ続行!!←これはどうですか?

今度は現物待ち、かつ満貫聴牌ということでダマが優勢かなぁって気がします!

さらに567三色変化もあるので今回はよかったかなぁ?

しかし・・・・

八索:麻雀王国ツモってきて、『どうせ降りないんだし』とリーチしてしましたが、

ダマの一貫性が無かったように思います・・・。

出上がり率が全然違うし、打点も十分なのでこれは間違えましたね。。

結局この八索:麻雀王国で放銃してしまいました。

南3局0本場 21100点持ち 北家 ドラ七筒:麻雀王国

この局が完全に敗因だと思いました。

まずは、、、

上家から打たれた五筒赤:麻雀王国をチー。この局のテーマは親流しでした。

わざわざ手牌を短くする必要はなかったように思います。。

中:麻雀王国をポンしたあとに、五索:麻雀王国チー。←これが完全に敗着だと思います。

確かに薄くなっている二索:麻雀王国五索:麻雀王国でしたが、残った手牌4枚は親の現物が一切ありません。

八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国 チー七萬横:麻雀王国六萬:麻雀王国八萬:麻雀王国

七萬:麻雀王国から鳴けれていれば、親リーチが来ても三索:麻雀王国四索:麻雀王国と払っていくこともできたので、

鳴く牌を完全に間違えてしまいました。

そして、恐れていたことが・・・

(分かりずらいですが、親が三索横:麻雀王国リーチしてます。)

降りることができずまずは六筒:麻雀王国プッシュ。←ここで執念の八萬:麻雀王国暗刻落とし?

ですよね。。

でしょうね。。。。www

まとめ

負けた試合こそ牌譜を見直してみてください。

些細なことかもしれませんが、きっとどこかに敗着があるはずです。

今回私の敗着は、

  • 手牌4枚で安い手
  • 親の現物がない
  • 親の現物待ちでもない
  • 結局出詰まりして脳死ゼンツ

でした。

3副露する場面は、

『早い、高い、待ち良し、安全』のどれかは必ず条件満たしてから仕掛けるようにしましょう!